世界に通用する技術を学ぶ。私たちは、心こもった技術のあるセラピストを育てます。

トップページスクールコース紹介 > スパセラピスト養成専科コース > ストーンセラピー

スクールコース紹介









○ストーンセラピー

症状に応じて、暖めた黒石や、冷たい大理石を使って、温熱療法を用いたマッサージで、心身共に究極のリラックス効果をもたらすネイティブインディアンのスピリットいっぱいのマッサージです。
現在一般に知られているストーンマッサージの発祥は、アメリカのアリゾナ州のものと、ハワイのポハク(ハワイ語で石の意味で、イリイリとも言う)の2種類があります。

ポハクはロミロミと共に、そして、アリゾナ発祥のストーンマッサージは“ラ ストーンセラピー”により規定のスタイルが定義づけられ、世界に広まりました。Junko先生は、この“ラ ストーンセラピー”の認定とハワイのライセンスを有し、正しいストーンの扱い方を基本から指導しています。
温熱療法を用いるため、身体の正しい知識と、又、ある程度、体に慣れていないと骨に当ててしまったり、圧の加減を調整できなかったりとなど、間違った使い方をすると、クライアントを傷つけてしまいます。
そのため、ストーンセラピーの講習は、FSTCのボディーコース修了者{スウェディッシュマッサージ(ベーシック)}もしくは、ボディーマッサージ経験者のみを対象とさせていただきます。


科目 入学金 授業料
(教材・実習費込み)
合計(税込み)
ストーンセラピー