世界に通用する技術を学ぶ。私たちは、心こもった技術のあるセラピストを育てます。

トップページ > FSTCとは?

FSTCとは?









○フォレストスパセラピストカレッジ
 Forest Spa Therapist College

フォレストスパセラピストカレッジは、海外の一流スパで活躍し、長年の指導経験を持つ米国認定のマッサージセラピスト、カナダ認定エステティシャンJunko Suzuki”がプロデュースする、本格的なセラピスト養成カレッジです。自らも講師を務める少人数制のクラスで、インターナショナルレベルの確実な技術を身につけましょう。

本当のセラピストとは・・・

日本やアジアの多くのセラピスト教育では、手順さえ出来ればそれでOKとされているところがほとんどですが、本当にそれで良いのでしょうか?

他人の体に触れるという事は、とても責任がある事です。テクニックは勿論ですが、手や体の正しい使い方、圧のかけ方、セラピストの姿勢やリズム、ドレーピング(体のカバーの方法)など、基本をしっかり学び、”体”の構造ををよく理解してください。

セラピストの姿勢が悪いと、良いタッチや、効果的な施術が出来ないだけでなく、セラピストの自身の体にも負担がかかり、腰痛やけんしょう炎といった病気にもなってしまいますし、手先だけで無理に施術をすると、角度にずれが生じてお客様に怪我をさせてしまう事もあるのです。

手順だけの施術なく、”心のこもった、技術のあるセラピスト”になって頂きたいのです。

日本に西洋のスパトリートメントや、リラクゼーションマッサージが普及してきたのは、ここ数年のことです。
最近、多くのスクールが存在するものの、経験を積んだ講師は少数で、教育方針も一定の定義がないのが現状です。
Forest Spa セラピストカレッジでは、本場欧米で確立された定義に基づいたカリキュラムを採用し、学院長”Junko Suzuki”のセラピストとしての長年の経験を活かした、海外でも通用する”ワールドレベルのテクニック”を身につけて頂けます。

手順だけの施術なく、”心のこもった、技術のあるセラピスト”になって頂きたいのです。

〜あなたはアロマ=オイルマッサージだと勘違いしていませんか?〜

日本では、オイルマッサージ技術よりも、アロマの精油が先に入ってきてしまったので、アロマセラピー=西洋のオイルマッサージと大きく勘違いをしている人達がたくさんいます。しかし、アロマテラピーというのはあくまでもマッサージがメインなのではなく、精油に対する学問。つまり精油の成分や芳香、作用がメインです。そのブレンドしたオイルを皮膚から浸透させるために全身に塗布する際、西洋の”オイルマッサージ”のテクニックの中から一部のテクニック用い、リラックス効果に働きかけるソフトタッチのトリートメントです。したがって、”マッサージ手技”をメインの目的として行うものではありません。

その証拠に、欧米では”マッサージ”と言う独立したメニューがあった上で、それとは別にスパメニューのバリエーションとして、アロママッサージをはじめ、ストーン、ロミロミなどといったその他のボディーワークメニューと呼ばれるものが存在します。勿論通常の”マッサージ”でも、お客様のご希望でアロマオイルを使用する事もありますが、”マッサージ”をメインとする場合はその技術内容や、手技、テクニックの量などがアロマテラピーに用いるマッサージとは圧倒的に違います。

欧米で行なわれている”オイルマッサージ”テクニック全体を100%としたら、アロママッサージでは、その中からほんの”数パーセントの”ソフトテクニック”のみしか使用されません。
 しかし、日本ではそれしか知られていないので、アロマのテクニックがオイルマッサージの全てだ。と思い込み、西洋のオイルサージ=アロママッサージと誤解して信じている人も多いのではないでしょうか?
 本来アロママッサージに使用されるテクニックは、スウェディッシュマッサージと呼ばれる西洋マッサージの基本テクニックの中からいくつかを使用して行なうものです。
しかし、スウェディッシュマッサージと言うものも、ボディーマッサージを行なうセラピスト誰もが一番はじめに勉強する”いろは”にあてはまる初歩の部分ですから、それだけが西洋テクニックの全てでもありません。それ以上のセラピーテクニックをプラスして総合して身につけなければマッサージセラピストとはいえないのです。
 
 アロマテラピー本来の勉強をされ、その道に進まれる方は良いのですが、日本の矛盾しているところは、せっかくアロマテラピーで精油の知識をたくさん勉強したにもかかわらず、いざ就職してみると、あらかじめお店で数種類のアロマオイルが既にブレンドされており、それをお客様に選んでいただくだけ。メインの仕事が”マッサージ”と言う状況も多く、かなり本格的なアロマ専門店で働かない限りは、アロマの知識よりも”マッサージ技術”が要求されてしまうのが今の日本の現実です。しかも、ソフトテクニックしか使用しないはずのアロママッサージなのに、実際にお客様に入って仕事をしてみると、圧を強めに。コリをほぐしてくださいと、様々なテクニックを要望され、ディープテクニックのやり方もわからないまま自己流で無理やり力で施術し、セラピストが手や腰を壊したり、お客様をもみ返しにして傷つけたりと言う問題が頻繁に起きています。

その様な現状に悩み、セラピスト経験者でFSTCに入学し、もう一度基本から応用まで学びなおされている受講生や、”オイルマッサージ技術”を学びたくてアロマの学校に行ったけどテクニックが少なく、マッサージ技術が物足りない。と悩んで来られる方が年々増加傾向にあります。

一つの手順だけをずっと繰り返しているのではなく、いくらリラクゼーションであってもクライアントのコンディションや希望に合わせて、その都度手順を自分で考えられなければなりません。そのための知識が西洋の”マッサージ”を行なうセラピストには必要です。そろそろ日本もインターナショナルレベルのテクニックを知って、技術向上をさせても良い時代だと思います。
FSTCの、一歩進んだカリキュラムで、差がつくゴッドハンドを手に入れましょう。



>>FSTCのコース<<

スパやサロンの基本リラクゼーションであるスウェディッシュマッサージやフェイシャルをはじめ、ハワイアンロミロミやバリニーズ、タイ古式などの様々なボディーワーク。さらに、より高度なボディーケアを行なうためのセラピューティックマッサージ、ネイルやスキンケアといったパーツ美容からスパ英語まで、幅広いカリキュラムを提供していきます。

独立開業を目指す方、スキルアップされたい方、リラクゼーションにご興味をお持ちの方。今話題のホテルスパで働きたい方、鍼灸指圧師等の資格をお持ちの方でオイルマッサージを導入されたい方、お友達や家族のため、又サイドビジネスに活用されたい方など、セラピーにご興味をお持ちの方に是非おすすめ致します。

マッサージセラピーテクニックは、海外へ留学し、相当な英語力がないと習得できませんが、FSTCではそれらを日本語でわかりやすく、又日本人の繊細さや丁寧さなどの特徴も生かしたキメ細かな技術を身につけられます。アメリカ等へ留学された方の帰国後のレビューや、日本人と外国人クライアントの使用テクニックや対応の違いなども、細かくご指導いたします。



>>卒業後の進路<<

世界のスパ ブームも日本に浸透し、急成長を遂げていますが、セラピストの不足が最も大きな課題となっています。
この機会に、プロのスパ セラピストや、フェイシャル、ボディーケアセラピストとして、あなたの未来を輝かせてみませんか?
年齢や、流行に関係なく、末永く活躍できる素敵なお仕事です。就職はちょっと…とおっしゃる方でも、設備投資がかからないので、ご自宅の1室、又は出張などでも、気軽に開業できるのが魅力です。
必要なのはあなたの真心こもった優しい“手”のみです。



>>>卒業生の活躍や受講生の声をご覧下さい。